FIFA(国際サッカー連盟)は10日、最新のFIFAランキングを発表した。


 日本は前回発表の順位から2つ上げて44位となり、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任後最高位タイとなった。45位に転落したオーストラリアを抜き、アジア2番手に浮上している。アジア最高は変わらずイランで、1ランクダウンの24位。なおアジア4番手は韓国で、2ランクアップの49位となっている。


 また、前回の発表で2位に転落していたブラジルが首位に復帰。ドイツが2位に転落している。トップ10の顔触れは変わらなかったが、スイスが4位、ポーランドが過去最高の5位に浮上。ポルトガルが6位、フランスが10位に転落している。スペイン(11位)、イタリア(12位)、イングランド(13位)は前回と同じ順位で、トップ10圏外となった。


 次回のFIFAランキング発表は9月14日に予定されている。


■ロシア・ワールドカップ アジア最終予選出場12カ国

▼グループA

24位 イラン

49位 韓国

64位 ウズベキスタン

77位 中国

78位 カタール

80位 シリア


▼グループB

44位 日本

45位 オーストラリア

59位 サウジアラビア

74位 アラブ首長国連邦(UAE)

102位 イラク

130位 タイ


■トップ10

1位 ブラジル

2位 ドイツ

3位 アルゼンチン

4位 スイス

5位 ポーランド

6位 ポルトガル

7位 チリ

8位 コロンビア

9位 ベルギー

10位 フランス


■ブラジル・ワールドカップ後の日本の順位の推移

2014年8月 44位

2014年9月 48位

2014年10月 52位

2014年11月 53位

2014年12月 54位

2015年1月 54位

2015年2月 55位(ハビエル・アギーレ監督契約解除)

2015年3月 53位(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任)

2015年4月 50位

2015年5月 50位

2015年6月 52位

2015年7月 50位

2015年8月 56位

2015年9月 58位

2015年10月 55位

2015年11月 50位

2015年12月 53位

2016年1月 53位

2016年2月 58位

2016年3月 56位

2016年4月 57位

2016年5月 57位

2016年6月 53位

2016年7月 57位

2016年8月 49位

2016年9月 56位

2016年10月 51位

2016年11月 45位

2016年12月 45位

2017年1月 46位

2017年2月 52位

2017年3月 51位

2017年4月 44位

2017年5月 44位

2017年6月 45位

2017年7月 46位