ブラジルサッカー連盟は10日、ブラジル代表メンバー23名を発表した。


 すでに2018 FIFAワールドカップロシア大会出場を決めているブラジル。ネイマールやミランダら代表常連メンバーが順当に名を連ねた。ロドリゴ・カイオやルアンといったリオ・デ・ジャネイロ五輪世代の選手を数名招集したものの、サプライズ選出はなし。チッチ監督は「我々はすでに予選を通過しているが、全てはワールドカップで勝つため。そのためのメンバーを選んだ」とさらにチームの完成度を高めていくことを強調した。


 ブラジル代表は31日にホームでエクアドル代表と、5日にアウェイでコロンビア代表と対戦する。


 招集メンバー23名は以下の通り。


▼GK

アリソン(ローマ

カッシオ(コリンチャンス

エデルソン(マンチェスター・C)


▼DF

ダニエウ・アウヴェス(PSG)

ファグネル(コリンチャンス)

マルセロ(レアル・マドリード

フェリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード)

マルキーニョス(PSG)

チアゴ・シウヴァ(PSG)

ミランダ(インテル)

ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)


▼MF

カゼミーロ(レアル・マドリード)

フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)

レナト・アウグスト(北京国安)

パウリーニョ(広州恒大)

フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)

ウィリアン(チェルシー)

ルアン(グレミオ)

ジュリアーノ(ゼニト)


▼FW

ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)

ネイマール(PSG)

ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C)

タイソン(シャフタール)