モナコが、フランス代表FWキリアン・ムバペのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍報道を否定したと、フランス紙『ル・パリジャン』が10日に報じた。


 バルセロナからブラジル代表FWネイマールを史上最高額の2億2200万ユーロ(約286億円)で獲得したばかりのPSG。だが、早くも次のターゲットとして18歳のムバペの獲得に動いていると報じられていた。


 スペイン紙『マルカ』は、ムバペがPSGに移籍することでクラブ間合意に達したと報道。移籍金はネイマールに次ぐ1億8000万ユーロ(約232億円)で、残すは同選手のサインだけで移籍発表は間近とされていた。


 だが、これに対して『ル・パリジャン』紙は、モナコの内部関係者から得た情報として、そもそもモナコがPSGから獲得オファーを受け取っていないという。そのため、ムバペの移籍合意はありえないと伝えている。