スウォンジーの元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテについて、同クラブの指揮官であるポール・クレメント監督がコメントを残した。11日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。


 エヴァートンが、スウォンジーのアイスランド代表FWギルフィ・シグルズソンに5000万ポンド(約72億円)のオファーを提示しており、交渉は大詰めにさしかかっている。攻撃面での主力メンバーをこれ以上失いたくないスウォンジーは、ジョレンテの死守を目指しているようだ。


 同クラブのクレメント監督はジョレンテについて「彼(ジョレンテ)はまだ契約が残っており、我々は契約延長を望んでいる。まあフェルナンドとの話し合いで、彼は残ると私は確信しているよ。彼はここで幸せだ。我々がやっている仕事が好きで、我々クラブのプレースタイルが好きなんだよ。彼は本当に良い選手だ。夏に負傷してしまったことは残念だったね。しかし、昨シーズン彼のゴールは我々には不可欠だったし、これからも彼をオプションにしたい」とコメント。ジョレンテがスウォンジーに残留することを強調した。


 同選手は昨シーズンスウォンジーで15得点を記録し、チェルシーなどビッグクラブからのオファーが噂されていた。ジョレンテは、先月の休暇中に自転車の事故で腕を負傷しており、土曜日のサウサンプトンとのプレミアシーズン開幕戦は欠場する予定だ。