開幕が間近に迫ってきた2017−18シーズンのプレミアリーグ。


 今シーズンのプレミアリーグに参加する20チームにユニフォームを提供しているサプライヤーをまとめてみた。最も多いユニフォームサプライヤーはどこのメーカーなのだろうか?


プーマ(5チーム)

・アーセナル

・バーンリー

・ハダースフィールド(昇格組)

・レスター

・ニューカッスル(昇格組)


ナイキ(4チーム)

・ブライトン(昇格組)

・チェルシー(※サプライヤー変更)

・マンチェスター・C

・トッテナム(※サプライヤー変更)


アディダス(3チーム)

・マンチェスター・U

・ワトフォード(※サプライヤー変更)

・ウェスト・ブロムウィッチ


アンブロ(3チーム)

・ボーンマス(※サプライヤー変更)

・エヴァートン

・ウェストハム


マクロン(2チーム)

・クリスタル・パレス

・ストーク


ホマ(1チーム)

・スウォンジー


ニューバランス(1チーム)

・リヴァプール


アンダーアーマー(1チーム)

・サウサンプトン


 最も多いサプライヤーはプーマとなった。


 ハダースフィールド、ニューカッスルの昇格によって5チームとなり、ナイキ(4チーム)やアディダス(3チーム)らを上回り最多となった(昨シーズンは5チームに提供したアディダスが最多)。


 なお、昨シーズンから今シーズンにかけてサプライヤーを変更したチームはボーンマス(JDスポーツからアンブロ)、チェルシー(アディダスからナイキ)、トッテナム(アンダーアーマーからナイキ)、ワトフォード(ドライワールドからアディダス)の4クラブ。


 こうして見ると、チェルシー、マンチェスター・C、トッテナムと、ナイキが提供するチームには強豪が多いことが分かる。


(記事提供:Qoly)