ウェストハムとニューカッスルが、チャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)のブレントフォードのガリシア代表MFホタの獲得に向けて争奪戦を繰り広げているようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が8月9日に報じている。


 昨夏、日本代表FW乾貴士が所属するエイバルにローンで加入していたホタ。レアル・マドリードBにも所属経験があり、チャンピオンシップではテクニックに定評がある。そんな昨シーズンエイバルで18試合に出場した同選手獲得を目指し、ウェストハムとニューカッスルがオファーを提示した。ニューカッスルはホタを中盤の要として獲得を希望。ウェストハムは去就が決まらず歯痒さを感じている同選手を低価格で獲得しようとしているようだ。


 果たして、どのクラブが同選手をメンバーリストに加えることができるだろうか。