インテルがチームの全体練習を無断欠席したフランス代表MFジョフレイ・コンドグビアに処分を下すようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『トゥットスポルト』などが報じている。


 出場機会を求めバレンシアへの移籍を希望しているとされるコンドグビアは、以前にもクラブ幹部に対し退団希望を伝えたと報じられていた。


 複数メディアの報道によると、今回のコンドグビアの無断欠席に対しインテルは多額の罰金もしくはチームからの除外のどちらかの処分を下す模様。


 この行動に対し、インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は「彼は“第2の考え”を持っているようだ。我々は彼に何が起こったのか理解しなければならない。彼は私にとって重要な選手だ」と、同選手を擁護した。


 まさかの“強行手段”に出たコンドグビアはインテルと袂を別つことになるのだろうか。