2017明治安田生命J1リーグ第22節が13日に行われ、北海道コンサドーレ札幌ヴァンフォーレ甲府が対戦した。


 札幌は前節退場処分の都倉賢が出場停止。ヘイスと今夏新加入のジェイが2トップを組む。対する甲府は前節から先発を5名変更。GKは岡大生、中盤には新加入の高野遼が起用された。


 10分、荒野拓馬のスルーパスにジェイが反応。GK岡の股を抜く技ありのシュートを決め、ホームの札幌が先制する。


 前半終了間際の44分、甲府はウィルソンが決定機を迎えるも、GKク・ソンユンが好セーブ。札幌が前半を1点のリードで折り返す。


 後半開始から札幌はマセードに代えて宮澤裕樹、甲府は高野に代えて阿部翔平を投入する。すると72分、ウィルソンが右サイドからクロスを上げると、流れたボールを阿部が拾って強烈なシュートを突き刺す。


 試合は1−1で終了。勝ち点19で並ぶ両者チームの直接対決は、ドローという結果に終わった。


 次節、札幌は川崎フロンターレと、甲府はサンフレッチェ広島とそれぞれアウェイで対戦する。


【スコア】

北海道コンサドーレ札幌 1−1 ヴァンフォーレ甲府


【得点者】

1−0 10分 ジェイ(札幌)

1−1 72分 阿部翔平(甲府)