明治安田生命J1リーグ第22節でガンバ大阪ジュビロ磐田が対戦した。


 G大阪は前節スタメンに復帰した遠藤保仁が、この試合もメンバー入り。さらに市丸瑞希が初スタメンを果たす。対する磐田は、前節のベガルタ仙台戦と同じメンバーで挑んだ。


 試合は21分、中村俊輔が遠藤保仁にファールを受けて左サイドからのフリーキックを得る。中村が中央へ蹴り込むと、ニアサイドで大井健太郎が頭で合わせ磐田が先制する。追い付きたいG大阪は32分ファン・ウィジョが相手DFの裏への抜け出しはクリアされる。こぼれ球を市丸がシュートを放つが枠の外へ外れてしまう。


 すると磐田は73分、アダイウトンが右サイドからのフリーキックを合わせて追加点を奪う。キッカーの中村はこの日2つ目となるアシストを記録し磐田が2点に差を広げた。


 87分には荒木大吾が抜け出してゴール前まで突破を図るものの、シュートは東口順昭に防がれてしまう。G大阪も90+4分に藤春のオーバーラップからクロスを上げると、長沢駿がヘディングで合わせるもカミンスキーがキャッチ。試合はこのまま終了し、セットプレーから2得点を挙げた磐田が完封勝利を果たした。


 次節、G大阪はホームで柏レイソルと、磐田は同日にホームでセレッソ大阪と対戦する。


【スコア】

ガンバ大阪 0−2 ジュビロ磐田


【得点者】

0−1 19分 大井健太郎(ジュビロ磐田)

0−2 73分 アダイウトン(ジュビロ磐田)