2017明治安田生命J1リーグ第22節が13日に行われ、大宮アルディージャアルビレックス新潟が対戦した。


 15分、大宮にチャンス。マルセロ・トスカーノがドリブルで右サイドへボールを持ちこみ、クロスを供給する。味方がゴール前に走りこむが、わずかに合わない。


 続いて新潟の攻撃。22分、キッカーのチアゴ・ガリャルドがクロスを送ると、ドウグラス・タンキが頭で合わせる。しかし、惜しくもボールはゴールの正面へ飛んでしまった。


 44分、タンキと接触した菊地が倒れこみ試合は一時中断。一度は担架で運ばれるも、復帰した。


 両チームとも得点を奪えずに前半を折り返す。


 51分、大宮が攻め立てる。マルセロ・トスカーノがディフェンスラインの裏へパスを送ると、抜け出した奥井諒がペナルティエリアからクロスを送る。これもDFにブロックされてしまい、チャンスを生かすことはできない。


 74分にようやく試合が動く。河本裕之が頭で浮いたボールを送ると、江坂任がペナルティエリア手前の中央でワントラップ。すぐさま左足でボレーシュートを放ち、ゴールを奪う。閉鎖的な試合だったが、大宮がリードを奪う。


 試合はこのまま終了。大宮が6試合ぶりの勝利を挙げた。


 次節、大宮はサガン鳥栖アウェイで、新潟はベガルタ仙台とホームで対戦する。


【スコア】

大宮アルディージャ 1−0 アルビレックス新潟


【得点者】

1−0 74分 江坂任(大宮)