DFBポカール1回戦が13日に行われ、3部のオスナブリュックと日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVが対戦した。


 今シーズンも引き続きキャプテンを務める酒井は、右サイドバックのポジションで先発している。


 18分、ハンブルガーSVはボビー・ウッドが抜け出すと、マルセル・アピアーがスライディングタックル。このプレーが危険なタックルとみなされ一発退場に。ハンブルガーSVが数的優位に立つ。


 攻め続けるハンブルガーSVだったが、39分に左サイドを崩されるとハリル・サヴランに決められ、先制を許してしまう。前半はハンブルガーSVの1点ビハインドで折り返す。


 ハンブルガーSVは後半開始からギディオン・ジャングを下げてルイス・ホルトビーを投入する。しかし61分、またしても左サイドを崩されるとクロスにマーク・ハイダーが詰めて、リードが2点差に。さらに71分、今度は右サイドからクロスを上げられるとアーメト・アルスランに決められてしまう。


 直後の74分に相手のハンドでPKを獲得すると、ボビー・ウッドが決めて1点を返す。しかし、試合は3−1で終了。ハンブルガーSVは10人の3部クラブを相手にまさかの敗戦でDFBポカール1回戦敗退となった。なお、酒井はフル出場を果たしている。


【スコア】

オスナブリュック 3−1 ハンブルガーSV


【得点者】

1−0 39分 ハリル・サヴラン(オスナブリュック)

2−0 61分 マーク・ハイダー(オスナブリュック)

3−0 71分 アーメト・アルスラン(オスナブリュック)

3−1 74分 ボビー・ウッド(ハンブルガーSV)