オランダ・エールディビジ開幕戦が13日に行われ、堂安律が所属するフローニンゲンと小林祐希が所属するヘーレンフェーンが対戦した。なお、両選手はともにスタメンに名を連ねている。


 立ち上がり6分、モーテン・トルスビーのヘディング弾でアウェイのヘーレンフェーンが先制すると、40分には右サイドからのクロスをレザ・グーチャンネジャードが押し込んでリードを広げる。


 後半に入り53分、追いかけるフローニンゲンはラルス・フェルトワイクがドリブルで持ち込みシュートを放ち、まずは1点を返す。63分にはトム・ファン・ヴェールトが堂安に代わってピッチに入った。


 82分にはミムン・マヒがPKを決めて、フローニンゲンが同点に追いつく。しかし直後の86分、ヘーレンフェーンは再びトルスビーが決めて勝ち越すも、フローニンゲンはまたしてもマヒがPKを決めて3−3とする。


 試合は3−3で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。堂安は63分までプレー。小林はフル出場を果たしている。


【スコア】

フローニンゲン 3−3 ヘーレンフェーン


【得点者】

0−1 6分 モーテン・トルスビー(ヘーレンフェーン)

0−2 40分 レザ・グーチャンネジャード(ヘーレンフェーン)

1−2 53分 ラルス・フェルトワイク(フローニンゲン)

2−2 82分 ミムン・マヒ(PK)(フローニンゲン)

2−3 86分 モーテン・トルスビー(ヘーレンフェーン)

3−3 88分 ミムン・マヒ(PK)(フローニンゲン)