ユヴェントスが、シャルケに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカの獲得に関心を示しているようだ。来年1月の移籍市場で獲得交渉へ乗り出す可能性をドイツメディア『スポーツビルト』が報じ、イギリスメディア『スカイスポーツ』が引用して伝えている。


 ユヴェントスは今夏の移籍市場でドイツ代表DFベネディクト・ヘーヴェデスをシャルケから獲得したが、さらにゴレツカにも熱視線を送っているという。同選手に対してはバイエルンやリヴァプールも関心を示している模様で、争奪戦が勃発する可能性もあるようだ。


 ゴレツカとシャルケの契約は来年夏までとなっており、ユヴェントスは1月の移籍市場で交渉することができる。獲得に乗り出す可能性も十分にありそうだ。


 ゴレツカは1995年生まれの22歳。2013年夏からシャルケでプレーしている。2018 FIFAコンフェデレーションズカップ ロシアではドイツ代表の一員として優勝に貢献し、個人賞3位にあたるブロンズボールを受賞した。