オーストリア・ブンデスリーガ第14節が5日に行われ、ザンクト・ペルテンとFW南野拓実が所属するザルツブルクンが対戦した。


 試合は7分、FKからミヒャエル・フーバーが頭で合わせ、ホームのザンクト・ペルテンが先制する。


 一方のザルツブルクは35分、ヴァロン・ベリシャが左サイドから強烈なシュート放ち、GKがキャッチしきれずにこぼしたところを南野が押し込み、同点弾を挙げる。前半はお互い譲らず1−1で折り返した。


 後半に入っても責め続けるザルツブルクは54分、左サイドからのグラウンダーのクロスをマルク・ルザトコフスキがダイレクトでゴール左に流し込み逆転に成功した。


 さらに80分には、右サイドからのクロスに南野が頭で合わせ、リードを2点に広げる大きな追加点を記録。試合はこのまま1−3で終了し、南野の2ゴールでザルツブルクが勝利した。


 ザンクト・ペルテンは次節、18日にホームでヴォルフスベルガーと、ザルツブルクは19日にホームでシュトゥルム・グラーツと対戦する。


【スコア】

ザンクト・ペルテン 1−3 ザルツブルク


【得点者】

1−0 7分 ミヒャエル・フーバー(ザンクト・ペルテン)

1−1 35分 南野拓実(ザルツブルク)

1−2 54分 マルク・ルザトコフスキ(ザルツブルク)

1−3 80分 南野拓実(ザルツブルク)