FC東京は14日、クラブ公式ツイッターにて同日の練習レポートを掲載。今季限りでの現役引退を発表しているMF石川直宏とDF森重真人がチーム練習に合流したことが明らかになった。


 今年8月2日に現役引退を発表した石川は負傷により、長期離脱を強いられている。同選手はツイートを更新し、「約一年振りに全体練習に合流しました!やっぱり皆とピッチの上で一緒にプレー出来るのはこの上なく幸せ」と、心境をつづっている。


「まだメニューによっては部分的にだけど、今日のメニューは全て消化出来ました!心地よい疲労感…さあ、またここからじっくり積み上げていこう!!」


 チームメイトとともにトレーニングに参加した喜びを明かした石川。FC東京の公式戦は、今季残り3試合。最終戦は来月2日の明治安田生命J1リーグ最終節、ガンバ大阪戦だ。選手生活最後の雄姿をピッチ上で見ることはできるだろうか。