アーセナルに所属する元チェコ代表GKペトル・チェフが、プレミアリーグ第12節で対戦するトッテナムについて語った。14日付のロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。


 チェフは同じノースロンドンに本拠地を置くライバルチームのトッテナムについて次のようにコメントした。


 「私たちにとって最も重要なことはプレミアリーグのタイトルと栄光を勝ち取るために毎試合勝利を目指して戦うことだ。対戦相手がどのチームであってもこの考えは変わらない。トッテナムだけとリーグタイトルの争いをしているわけではないからね」


 「でも、今のトッテナムが素晴らしいチームであることは事実だ。彼らは進化していることを証明するためにもリーグのタイトルが欲しいはず。でも、タイトルが欲しいのは私たちだって同じだ。この試合に勝利して、タイトル獲得に近づきたいと思っている」


 両チームの対戦は“ノースロンドン・ダービー”と称され、毎年熱い試合が繰り広げられる。3位のトッテナムと6位のアーセナルの勝ち点差は「4」となっており、アーセナルにとってライバルチームとの勝ち点差を縮める絶好の機会だ。試合は13日の12:30(日本時間21:30分)にキックオフ予定となっている。