バルセロナが、リヴァプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ獲得に向けて動く模様だ。同日付のイギリス紙『デイリースター』が報じている。


 バルセロナは今夏にもコウチーニョの獲得を目指しており、3度に渡って同選手獲得のオファーをリヴァプールに対して提示した。しかし、最終的にリヴァプールが首を縦に振らなかったため交渉は決裂。コウチーニョはリヴァプール残留が決まっていた。


 しかし、バルセロナはまだコウチーニョの獲得を諦めていないという。1月から始まる冬の移籍市場で、1億ユーロ(約133億円)もの移籍金を用意してコウチーニョ獲得に動くと報じられた。


 コウチーニョのバルセロナ行きが今夏に実現することはなかったが、果たして1月に実現することとなるのだろうか。コウチーニョの去就に注目が集まっている