セリエA第15節が3日に行われ、インテルがホームでキエーヴォと対戦した。


 ここまでリーグ戦無敗のインテルは、12位に位置するキエーヴォ相手に圧巻のゴールショーを披露した。


 まずは23分、左サイドを突破したダヴィデ・サントンのシュートはGKに弾かれたが、こぼれたボールをイヴァン・ペリシッチがダイレクトで押し込み幸先行く先制した。


 さらに37分、カウンターからディフェンスラインの裏へ抜け出したマウロ・イカルディがペナルティエリア内に侵入し、右サイド角度のないところからGKの脇を抜くシュートで追加点を獲得した。


 後半に入りさらに2点を追加したインテルは、アディショナルタイム2分にペリシッチがハットトリックを達成し、最終スコア5−0で勝利。前節まで首位に立っていたナポリユヴェントスに敗れたため、勝ち点を「39」に伸ばしたインテルが首位に浮上した。なお、長友佑都はベンチスタートとなり、出場機会はなかった。


 インテルは次節、8日にユヴェントスとアウェイで戦う。


【スコア】

インテル 5−0 キエーヴォ


【得点者】

1−0 23分 イヴァン・ペリシッチ(インテル)

2−0 38分 マウロ・イカルディ(インテル)

3−0 57分 イヴァン・ペリシッチ(インテル)

4−0 60分 ミラン・シュクリニアル(インテル)

5−0 90+2分 イヴァン・ペリシッチ(インテル)