アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督がリヴァプール戦を振り返った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が22日に報じている。


 22日プレミアリーグ第19節が行われ、アーセナルとリヴァプールが対戦。試合はアーセナルが約5分で2点差を逆転したものの、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノのゴールにより、リヴァプールが3−3ドローに持ち込んだ。


 ヴェンゲル監督はまず試合を次のように総括した。


「我々はよく守っていたし、攻めも良かった。しかし、リヴァプールは素晴らしい攻撃の質を持っている。3−2で保つことができなかったことには失望したが、それは守備と攻撃両面で互いに質の高い素晴らしい試合をしたということだ。我々は素晴らしい連携を見せたし、ファンタスティックな攻撃を見せたよ」


 また、ヴェンゲル監督はイングランド代表MFジャック・ウィルシャーについて名指しで称賛するコメントを残した。


「彼は上半期に質の高いプレーをした選手の1人だと思う。ジャックは決して止まらない。休むことなく走り続けてくれるんだ。彼のプレーが好きだ。彼は過去2、3年の時よりも良くなっている。現時点で非常に良くなっている」