バルセロナは22日、翌23日にアウェイで行われるリーガ・エスパニョーラ第17節レアル・マドリード戦に向けた招集メンバー18名を発表した。


 バルセロナはここまでリーグ戦16試合を終えて13勝3分けの勝ち点「42」。無敗で首位を走っている。22日には勝ち点「36」で2位につけていたアトレティコ・マドリードが今シーズン初黒星を喫しており、この試合に勝てばいよいよ独走状態に突入するという状況だ。


 アウェイで行われる伝統の一戦“エル・クラシコ”に向けて、エルネスト・バルベルデ監督はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレス、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタらを順当に招集。一方でスペイン代表FWパコ・アルカセルや同代表FWジェラール・デウロフェウといった面々がケガの影響でメンバー外となり、前線の層にはやや不安が残る。


 全世界が注目する“エル・クラシコ”は、現地時間23日13時(日本時間23日21時)にキックオフを迎える。


 バルセロナのレアル・マドリード戦招集メンバー18名は以下の通り。


▼GK

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン

ヤスパー・シレッセン


▼DF

ネルソン・セメド

ジェラール・ピケ

ジョルディ・アルバ

リュカ・ディニュ

アレイクス・ビダル

トーマス・ヴェルマーレン


▼MF

イヴァン・ラキティッチ

セルヒオ・ブスケツ

デニス・スアレス

アンドレス・イニエスタ

ハビエル・マスチェラーノ

パウリーニョ

セルジ・ロベルト

アンドレ・ゴメス


▼FW

ルイス・スアレス

リオネル・メッシ