ブラウブリッツ秋田は23日、モンテディオ山形より期限付き移籍で加入していたDF韓浩康が2018シーズンより完全移籍で加入することを発表した。


 韓浩康は1993年生まれの24歳。京都朝鮮高校から朝鮮大学校を経て、2016年より山形に加入し、プロキャリアをスタートさせた。同クラブで出番がなかった中、2016年7月に秋田へ期限付き移籍。同年は明治安田生命J3リーグで1試合の出場にとどまったが、期限付き移籍期間を延長した今季はリーグ戦28試合に出場した。


 韓浩康は秋田のクラブ公式HPでコメントを発表。来季への意気込みを語っている。


「2018シーズンも、引き続きブラウブリッツ秋田でプレーすることになりました。ブラウブリッツ秋田という素晴らしいクラブの一員として、またプレーできることを光栄に思います。2017シーズンは厳しい戦いを乗り越え優勝というチームの目標を達成し、最高の形で終えることができました。2018シーズンは、2017シーズン以上の厳しい戦いになると思います。相当な覚悟と志を持って、常に高みを目指して、日々精進して参ります」


「ブラウブリッツ秋田に関わる全ての皆様、ここでしか成し遂げられないものがあると思います。もう一度あの感動を、いえ、それ以上の感動を共に味わいましょう!全てはチームのために、秋田のために、魂込めて全身全霊でプレーして参りますので、これからも応援よろしくお願いします」


 また、同選手は山形のクラブ公式HPにもメッセージを寄せ、同クラブへの感謝を綴っている。


「2018シーズンより、ブラウブリッツ秋田へ完全移籍することになりました。まずは、僕をプロサッカー選手としてキャリアをスタートさせて頂いたモンテディオ山形に感謝したいと思います。在籍していたのは、半年という短い期間でしたが、暖かい方々に恵まれ、山形には僕を応援して下さる方々がたくさんいらっしゃいますし、今でも僕の帰りを待って下さる方々がいらっしゃいます」


「僕の実力不足により、期限付き移籍から復帰してモンテディオ山形でプレーすることは叶いませんでした。何もクラブに貢献できず本当に不甲斐ないですし、応援して下さる方々に申し訳なく思います。ですが、僕のサッカー人生はこれからも続きます。この悔しさを糧に、さらに成長し続け、もっともっと高みを目指して頑張って参りますので、暖かく見守って頂けると嬉しく思います。またどこかでお会いしましょう。本当にありがとうございました」