プレミアリーグ第19節が各地で行われた。


 首位を快走するマンチェスター・Cはボーンマスと対戦。セルヒオ・アグエロの2得点に加えてラヒーム・スターリングとダニーロにもゴールが生まれ、圧巻の4ゴールでボーンマスを寄せ付けず。今節もゴールショーを披露したチームは、更新中の連勝記録を17に伸ばしている。


 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、ハダースフィールドと対戦した。吉田はスタメンに名を連ね、フル出場を果たした。試合終了間際にはセットプレーから吉田がヘディングシュートを放ち、あとわずかでゴールという場面を作るが、惜しくも試合を決める得点とはならず。試合は1−1の引き分けに終わっている。


 バーンリーのホームに乗り込んだトッテナムは7分にハーリー・ケインのPKで先制すると、後半に入り69分、さらに79分にもケインがゴールネットを揺らし、ハットトリックを達成。ケインの活躍で2試合ぶりの白星を飾った。


 レスターはジェイミー・ヴァーディの得点で先制するが、マンチェスター・Uはフアン・マタの2得点で逆転する。このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、マーク・オルブライトンのクロスをハリー・マグワイアが合わせて土壇場で同点に。勝ち点1を分け合った。なお、岡崎慎司は67分から出場している。


【プレミアリーグ第19節】

ブライトン 1−0 ワトフォード

マンチェスター・C 4−0 ボーンマス

サウサンプトン 1−1 ハダースフィールド

ストーク 3−1 ウェスト・ブロムウィッチ

スウォンジー 1−1 クリスタル・パレス

ウェストハム 2−3 ニューカッスル

バーンリー 0−3 トッテナム

レスター  2−2 マンチェスター・U