セリエA第18節が23日に行われ、ユヴェントスローマが対戦した。


 18分、ミラレム・ピアニッチのCKをジョルジョ・キエッリーニが頭で合わせる。このヘディングシュートはGKアリソンに防がれたが、セカンドボールに反応したメディ・ベナティアがボレー。一度はクロスバーに嫌われるも、こぼれ球を自ら押し込んだ。


 この得点が決勝点となり、試合は1−0で終了。2位ユヴェントスと4位ローマによる上位対決は、ホームのユヴェントスに軍配が上がった。


 次節、ユヴェントスはアウェイでヴェローナと、ローマはホームでサッスオーロと対戦する。


【スコア】

ユヴェントス 1−0 ローマ


【得点者】

1−0 18分 メディ・ベナティア(ユヴェントス)