FC町田ゼルビアは24日、アルビレックス新潟からMFロメロ・フランクの獲得を発表した。


 ペルー出身のロメロ・フランクは水戸ホーリーホックモンテディオ山形、アルビレックス新潟でのプレー経験を持つ30歳。今季は明治安田生命J1リーグで11試合に出場した。


 町田のクラブ公式HPを通じて「来シーズンからFC町田ゼルビアでプレーすることになりましたロメロ・フランクです! 必要としてくれたチームに感謝して、全身全霊をかけてプレーするので熱い応援、後押しをよろしくお願いします!」とコメントを発表した。


 また、新潟のクラブ公式HPを通じて、ファン・サポーターへ感謝のメッセージを発表している。


「一年間熱い応援ありがとうございました! なかなか勝てず苦しい時期もありましたが、最後の最後で選手とサポーターが一体となって戦えたのは本当に良かったと思います! 自分としては、この一年を通して、思った以上に自分が持っている力を発揮できず、自分自身、アルビレックス新潟でプレーさせてもらったのにかかわらず結果を出せず、チームも降格してしまったことに、とても責任を感じています」


「しかし、苦しい時にも支えて応援してくれる人がたくさんいました。いつも熱い応援が力になってました! 本当に心から感謝しています! 今後もその熱い声援でアルビレックス新潟盛り上げてください。本当にありがとうございました!!」