ファジアーノ岡山は24日、カマタマーレ讃岐から仲間隼斗の獲得を発表した。


 柏レイソルの育成組織出身の仲間はロアッソ熊本、カマタマーレ讃岐でプレー。今季は明治安田生命J2リーグで39試合2得点を記録している。


 仲間は岡山のクラブ公式HPを通じて「このたびファジアーノ岡山に加入する仲間隼斗です。岡山のJ1昇格に貢献できるように、自分の力を最大限に発揮したいと思います。そして、岡山の熱を更に熱くしましょう!よろしくお願いします!」とコメントを発表した。


 また、2015年から3年間プレーした讃岐のクラブ公式HPを通じて、ファン・サポーターへ感謝のメッセージを綴っている。


「この度、ファジアーノ岡山に移籍する事になりました。讃岐での3年間の経験は自分の軸になる様々な事を学び、成長できました。 3シーズン全力で戦ってきましたが、思うような結果が出せず、ファンやサポーターの方々には辛い思いをさせてしまって、申し訳ない気持ちです。そんな厳しい時でも共に戦ってくれた皆様の声援はいつも力になりました。 諦めず、最後まで暖かい雰囲気でスタジアムを包んでくれる讃岐サポーターが大好きです。 監督、コーチ、スタッフ、チームメイト、ファン、サポーターの皆様には感謝の気持ちしかありません。もっともっと活躍する姿を見せられるよう、讃岐でプレーした誇りを胸にこれからも戦います。 3年間本当にありがとうございました」