カターレ富山は24日、徳島ヴォルティスから期限付きで加入中の佐々木陽次を完全移籍で獲得したことを発表した。


 今季、富山に加入した佐々木は明治安田生命J3リーグで24試合6得点と、主力選手として活躍した。富山のクラブ公式HPを通じて「来年もカターレ富山でプレー出来ることに喜びを感じています。そして、来年こそは、社長や監督、スタッフ、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、カターレ富山に関わる全ての皆様と優勝して昇格したいと本気で思っています。その気持ちを込めて、富山のために、自分のために、一年間自分の力を出していきたいと思います」とコメントを発表している。


 また、徳島のクラブ公式HPでは「徳島で二年間、そして富山に期限付きで移籍していた一年間を合わせた三年間、本当にありがとうございました。プロサッカー選手をスタートさせてもらった徳島には感謝しかありません。成長している自分を見せられるようにこれからも頑張ります」とコメントを発表した。