セリエA第18節が22日から23日にかけて各地で行われた。


 前節首位に立ったナポリサンプドリアとの上位対決に挑んだ。サンプドリアがリードするとナポリが追いつくという展開が2度続くシーソーゲームで、勝負を決めたのはスロヴァキア代表MFマレク・ハムシク。ハムシクの決勝点はナポリでの通算116ゴール目で、元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏が保持していたクラブ最多得点記録を26年ぶりに塗り替えた。


 勝ち点差「1」でナポリを追うユヴェントスは4位ローマとのビッグゲーム。モロッコ代表DFメディ・ベナティアの先制点を最後まで守りきったユヴェントスが勝利し、ナポリとの勝ち点差を維持した。


 前節で無敗が途切れ、3位に転落したインテルはアウェイでサッスオーロと対戦した。試合はサッスオーロに先制を許す苦しい展開。インテルはPKのチャンスを得るが、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが外すと最後まで追いつくことができず。手痛い2連敗となった。またDF長友佑都は出番がなかった。


 また、ジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督就任後も波に乗れずに中位に沈んでいるミランはホームでアタランタに0−2と完敗。就任後初の2連敗を喫し、順位を2桁まで下げた。


 セリエA第18節の結果は以下のとおり。


■セリエA第18節結果

▼22日

キエーヴォ 2−3 ボローニャ

カリアリ 0−1 フィオレンティーナ


▼23日

ラツィオ 4−0 クロトーネ

ジェノア 1−0 ベネヴェント

ナポリ 3−2 サンプドリア

サッスオーロ 1−0 インテル

SPAL 2−2 トリノ

ウディネーゼ 4−0 ヴェローナ

ミラン 0−2 アタランタ

ユヴェントス 1−0 ローマ


■セリエA第18節順位


1位 ナポリ(勝ち点45)

2位 ユヴェントス(勝ち点44)

3位 インテル(勝ち点40)

4位 ローマ(勝ち点38)※1試合未消化

===========CL===========

5位 ラツィオ(勝ち点36)※1試合未消化

6位 サンプドリア(勝ち点27)※1試合未消化

===========EL===========

7位 アタランタ(勝ち点27)

8位 フィオレンティーナ(勝ち点26)

9位 ウディネーゼ(勝ち点24)※1試合未消化

10位 トリノ(勝ち点24)

11位 ミラン(勝ち点24)

12位 ボローニャ(勝ち点24)

13位 キエーヴォ(勝ち点21)

14位 サッスオーロ(勝ち点20)

15位 ジェノア(勝ち点17)

16位 カリアリ(勝ち点17)

17位 SPAL(勝ち点15)

===========降格==========

18位 クロトーネ(勝ち点15)

19位 ヴェローナ(勝ち点13)

20位 ベネヴェント(勝ち点1)