高円宮杯第29回全日本ユース(U−15)サッカー選手権大会の決勝が28日に行われ、サガン鳥栖U−15とFC東京U−15深川が対戦した。


 40分ハーフで行われるこの試合。開始早々の2分にスコアが動いた。鳥栖U−15は田中禅が右足でシュートを沈め、先制に成功する。1点のビハインドを負ったFC東京U−15深川も37分に青木友佑が同点ゴールを決め、前半は1−1で終了した。


 後半は互いにゴールを奪えず、1−1のまま試合は10分ハーフの延長戦に突入。緊迫した展開が続く中、2点目を奪ったのはFC東京U−15深川だった。96分、FKから最後は常磐亨太が頭で押し込み、ついに試合をひっくり返す。このままFC東京U−15深川の戴冠かと思われた延長後半アディショナルタイム2分、鳥栖U−15は坂口眞汐が劇的な同点弾。2−2に追いつき、決着はPK戦に委ねられた。


 両チームとも5人全員が成功して迎えた6人目は、先攻のFC東京U−15深川、後攻の鳥栖U−15ともに失敗。そして7人目、FC東京U−15深川は佐藤恵介のシュートがGKにセーブされ、2人続けての失敗となる。対する鳥栖U−15は新良介がシュートを沈め、大会初優勝を飾った。


 これにより、鳥栖U−15は今夏に行われた第32回日本クラブユースサッカー選手権(U−15)大会との2冠を達成している。


【スコア】

サガン鳥栖U−15 2−2(PK:6−5) FC東京U−15深川


【得点者】

1−0 2分 田中禅(鳥栖U−15)

1−1 37分 青木友佑(FC東京U−15深川)

1−2 96分 常磐亨太(FC東京U−15深川)

2−2 100+2分 坂口眞汐(鳥栖U−15)