取材・文=森田将義(提供:ストライカーデラックス編集部)


「うちの子たちにはストレスやプレッシャーがあったほうがいい。心に余裕があるとやられてしまう」。米子北をそう評するのは、城市徳之総監督だ。U−18日本代表のストライカー加藤拓己擁する山梨学院との一回戦は、まさに特徴が出た試合で、先制点を奪われる危機的状況から2点を奪い、逆転勝ち。警戒していた空中戦やデュエルでも相手を上回り、「今年一番の出来だった」(中村真吾監督)


 迎えた二回戦は、米子北にとっては難しい展開だった。「早く点をとり過ぎて、しんどいくらいだった」と三原貫汰が振り返ったように、前半3分に城市太志が先制点をマーク。幸先のいいスタートを切ったのはよかったが、「いつもより失点にビビッて、DFラインが下がってしまった。押し上げることもできなかったので、ロングボールを放り込まれてしまった」(城市総監督)。佐野海舟と阿部優貴による跳ね返しから、ポゼッションで試合の主導権を握れたことも、カウンターが武器のチームにとっては裏目で、「でき過ぎた」(中村監督)という前半のパフォーマンスは米子北にとっては不都合だったといえる。


 反対に仙台育英の猛攻を受けた後半は願ったり叶ったりの展開だ。181センチの菅井大翔を目がけたロングボール、石川巧実のロングスロー、そしてセットプレーから志村滉のヘディングシュート。多種多様なパワープレーを仕掛けた仙台育英に防戦一方となったが、「練習から追い込まれた状況でどれだけできるかを意識している」(佐野)米子北の守備は崩れず、逃げ切り勝ちをおさめた。


 チーム史上最高成績となる8強入りに期待がかかるが、今季は連戦を行う機会が少なく、二日続けての試合では勝てていない。三回戦で当たる一条が大会2試合目なのに対し、米子北が3試合目というのも不利な状況といえる。しかし、試合後に城市総監督が「もうちょっと追い込まないといけない」と不敵な笑みを浮かべたように、追い込まれて花が咲く米子北にとって、不利な状況は待ち望んだシチュエーション。逆境を三度跳ね返すつもりだ。