マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが“ライバル”であるトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインを絶賛した。3日付でアメリカメディア『ESPN』が伝えている。


 ケインは2017年に記録した公式戦ゴール数が「56」に到達するという偉業を達成。バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの「54」を上回り、プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガ、セリエA、リーグ・アンの欧州5大リーグでトップとなった。


 そんな中、ケインの活躍に熱視線を注ぐのは、スペインの強豪レアル・マドリードだ。レアル・マドリードはストライカーである元フランス代表FWカリム・ベンゼマが不調に陥っており、代替するストライカーを探していると各メディアで報じられている。


 このケインの活躍や移籍の噂は、同じく得点王を競う“ライバル”であるアグエロの耳にも届いたようで、同選手の活躍に太鼓判を押した。


「レアル・マドリードのようなチームでは選手自身が問題を抱えるようなことがあってはならないんだ。ケインが何を考えているかは分からないが、彼は世界有数のストライカーだよ。素晴らしいクオリティを持っているし、レアルでも何ら問題なくやっていけるはずさ」


「まあ、僕が言うことではないけどね。すべては彼次第だと思っている」


 ちなみに、ハリー・ケインは今シーズンのプレミアリーグで18得点を挙げており、ランキングトップを走っている。一方で、アグエロは13点で得点ランキング4位となっており、ケインを追いかける形だ。得点ランキングの上位五人は以下のようになっている。


プレミアリーグ得点ランキング(※暫定順位)


1位 18点 ハリー・ケイン(トッテナム)

2位 17点 モハメド・サラー(リヴァプール

3位 14点 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

4位 13点 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

5位 10点 アルバロ・モラタ(チェルシー)他2名