リーガMX後期第1節が6日に行われ、日本代表MF本田圭佑の所属するパチューカとプーマスUNAMが対戦した。


 先発出場を果たした本田は、35分に先制点を演出する。左CKを本田が蹴ると、味方がそらしたボールを最後はフランコ・ハラがヘディングでゴール。パチューカが1点を先行する。その4分後には、本田が味方のシュートがこぼれたところを右足で押し込み追加点。本田は2018年初戦でゴールをマークした。対するプーマスUNAMも前半アディショナルタイム1分に1点を返し、前半はパチューカの1点リードで折り返す。


 53分、プーマスUNAMが試合を振り出しに戻す。FKから最後はヘスス・ガジャルドが詰めてスコアを2−2とした。さらに76分、プーマスUNAMはカウンターからニコラス・カスティージョがゴールを挙げ、逆転に成功。試合はこのまま終了し、プーマスUNAMが勝利を収めた。なお、本田はフル出場している。


【スコア】

パチューカ 2−3 プーマスUNAM


【得点者】

1−0 35分 フランコ・ハラ(パチューカ)

2−0 39分 本田圭佑(パチューカ)

2−1 45+1分 ニコラス・カスティージョ(プーマスUNAM)

2−2 53分 ヘスス・ガジャルド(プーマスUNAM)

2−3 76分 ニコラス・カスティージョ(プーマスUNAM)