浦和レッズは11日、2018シーズンにおけるトップチームの選手背番号を発表した。


 2017シーズンは明治安田生命J1リーグで7位フィニッシュとなったものの、AFC チャンピオンズリーグでは10年ぶりとなる優勝を飾った。シーズン途中にミハイロ・ペトロヴィッチ監督が解任され、堀孝史監督が新監督の座についた。就任2年目を迎える2018シーズンに向けて、柏レイソルからMF武富孝介、横浜F・マリノスからMFマルティノスらを獲得するなど積極的な補強を行なっている。


 新加入選手は上記の選手を含めて4名、そのほかにも湘南ベルマーレからMF山田直輝が復帰している。武富、マルティノスはそれぞれ「7」と「11」をつける。古巣へ戻ってきた山田は「18」を着用。ヴィッセル神戸から完全移籍加入のDF岩波拓也は「31」、ユースから昇格したMF荻原拓也は「26」、DF橋岡大樹は「27」、明治大学から加入のDF柴戸海は「29」に決まっている。


 発表された2018シーズンの選手背番号は以下のとおり。


1 GK西川周作

2 DFマウリシオ

3 DF宇賀神友弥

5 DF槙野智章

6 DF遠藤航

7 MF武富孝介(柏レイソルから完全移籍加入)

8 FWラファエル・シルバ

9 FW武藤雄樹

10 MF柏木陽介

11 MFマルティノス(横浜F・マリノスから完全移籍加入)

14 DF平川忠亮

15 MF長澤和輝

16 MF青木拓矢

18 MF山田直輝(湘南ベルマーレから復帰)

20 FW李忠成

21 FWズラタン

22 MF阿部勇樹

23 GK岩舘直

25 GK榎本哲也

26 DF荻原拓也(浦和レッズユースから昇格)

27 DF橋岡大樹(浦和レッズユースから昇格)

28 GK福島春樹

29 MF柴戸海(明治大学から加入)

30 FW興梠慎三

31 DF岩波拓也(ヴィッセル神戸から完全移籍加入)

38 MF菊池大介

46 DF森脇良太