セリエA第21節が20日から22日にかけて各地で行われた。


 日本代表DF長友佑都が所属するインテルはホームでローマと対戦。31分にFWステファン・エル・シャーラウィに先制点を献上するが、86分にMFマティアス・ベシノが土壇場ゴールを決め、1−1の引き分け。インテルは6試合未勝利となった。長友は出場機会を得られず、リーグ戦2試合連続出場とはならなかった。


 首位のナポリは7位のアタランタと対戦した。65分、スルーパスで抜け出したFWドリース・メルテンスの豪快シュートで1−0勝利。5連勝で首位をキープした。


 昨節、4試合ぶりに勝利を収め、新年白星スタートをきった11位ミランは、アウェイでカリアリと対戦。先制を許すが、MFフランク・ケシエの2発で逆転。後半には両チーム退場者を出すほど激しい試合が繰り広げられたが、ミランが守りきり勝利。2連勝で7位まで順位を上げた。


 1試合未消化のラツィオはホームにキエーヴォを迎え入れると、MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチの2発などで5−1快勝。未勝利の続くインテルから3位の座を奪った。


 ホームでジェノアと対戦したユヴェントスは、16分のMFドウグラス・コスタ弾でウノゼロ勝利。5連勝で首位と勝ち点差1の2位をキープした。


■セリエA第21節結果


▼1月20日開催

アタランタ 0−1 ナポリ

ヴェローナ 0−3 クロトーネ

サッスオーロ 1−1 トリノ

ラツィオ 5−1 キエーヴォ

サンプドリア 3−1 フィオレンティーナ

ボローニャ 3−0 ベネヴェント

ウディネーゼ 1−1 SPAL


▼1月21日開催


カリアリ 1−2 ミラン

インテル 1−1 ローマ


▼1月22日開催

カリアリ 0−1 ユヴェントス


■セリエA第20節順位

1位 ナポリ(勝ち点54)

2位 ユヴェントス(勝ち点53)

3位 ラツィオ(勝ち点43)※1試合未消化

4位 インテル(勝ち点43)

===========CL===========

5位 ローマ(勝ち点40)※1試合未消化

6位 サンプドリア(勝ち点33)※1試合未消化

===========EL===========

7位 ミラン(勝ち点31)

8位 アタランタ(勝ち点30)

9位 ウディネーゼ(勝ち点29)※1試合未消化

10位 トリノ(勝ち点29)

11位 フィオレンティーナ(勝ち点28)

12位 ボローニャ(勝ち点27)

13位 キエーヴォ(勝ち点22)

14位 サッスオーロ(勝ち点22)

15位 ジェノア(勝ち点21)

16位 カリアリ(勝ち点20)

17位 クロトーネ(勝ち点18)

===========降格==========

18位 SPAL(勝ち点16)

19位 ヴェローナ(勝ち点13)

20位 ベネヴェント(勝ち点7)