DAZN 2018 キャンペーン発表会が15日に都内にて行われた。


 DAZNは「#時代を変えろ」をテーマに掲げ、日本におけるスポーツの新しい本拠地として明治安田生命Jリーグやプロ野球などさまざまなスポーツを今年も配信する。時代を切り拓くストーリーを描いた新CMではアスリートたちが殺陣に挑戦した。



 今回の発表記者会見ではMCにハリー杉山氏とDAZNアンバサダーの鈴木啓太氏を迎え、新CMに出演中の三浦知良(横浜FC)、内田篤人鹿島アントラーズ)、中村憲剛(川崎フロンターレ)、槙野智章(浦和レッズ)、セルジオ越後氏(サッカー解説者)が登壇。DAZNアンバサダーの就任発表、並びに新CMの続編となる「Episode1:黒船」篇、「Episode2:会談」篇が初披露された。


「Episode1:黒船」篇、「Episode2:会談」篇はストーリー性のあるCMに仕上がっている。三浦は「槙野の演技が良かった!」と絶賛したものの、槙野本人は「嫁からダメ出しを喰らった」と苦笑い。中村は「これだけ大掛かりなCM撮影は初めてですし、たまげました。大人の数がすごくてミスできないなと思った(笑)」と撮影秘話を明かした。


 DAZNの登場により、スマートフォンやPCから気軽にスポーツが楽しめる時代となった。三浦は「いつでもどこでも見れるのはすごいし、自分の見たいタイミングでスポーツ観戦ができる。時代の流れを感じます」とコメント。「もしも幼い頃からDAZNがあったら?」と問われると、「影響されるものは広がりますし、もしかしたらブラジル留学じゃない選択肢があったかもしれませんね」と語った。