明治安田生命J1リーグ第1節が25日に行われ、セレッソ大阪横浜F・マリノスが対戦した。


 昨季の天皇杯決勝と同カードとなったこの対戦。ホームのC大阪は、昨季22得点の杉本健勇などが先発。横浜FMは新加入のユン・イルロクや今日が40歳の誕生日である中澤佑二が先発出場した。


 試合は6分、C大阪は右サイドで水沼宏太と福満隆貴がパス交換から抜け出して、最後は柿谷曜一朗がネットを揺らすものの、オフサイドの判定で得点は認められず。


 対する横浜FMは17分、山中亮輔がペナルティーエリアの外から低弾道のミドルシュートを右隅に決めて横浜FMが先制する。さらに35分には、天野純がFKを直接狙うとボールはキム・ジンヒョンの好セーブで追加点には至らない。


 同点に追い付きたいC大阪も前半アディショナルタイム1分、柿谷が飯倉大樹を交わしてシュートを放つものの、枠外へと逸れてしまう。


 55分には左サイドから福満がドリブルで仕掛けると、グラウンダーでのクロスに柿谷が落として最後は杉本がシュートを狙うもゴールを奪うことができない。すると86分、C大阪は浮き球のパスに反応した柿谷がネットを揺らして同点に追い付く。


 試合はこのまま終了し、1−1のドローで決着。横浜FMは天皇杯決勝のリベンジとはいかなかった。C大阪は次節、3月3日にホームで北海道コンサドーレ札幌と、横浜FMはアウェイで柏レイソルとそれぞれ対戦する。


【スコア】

セレッソ大阪 1−1 横浜F・マリノス


0−1 17分 山中亮輔(横浜F・マリノス)

1−1 86分 柿谷曜一朗(セレッソ大阪)