日本サッカー協会(JFA)は11日、第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝を2020年1月1日に東京・国立競技場で開催すると発表した。


 国立競技場での天皇杯決勝は第93回大会以来6年ぶり。また、東京都内での開催は第95回大会の味の素スタジアム以来4年ぶりとなる。


 JFAの発表によると、2019年11月末に完成予定の新国立競技場にとっては、同試合が対外的に行う初めてのスポーツ競技大会になるとのことだ。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの運営準備に向けて組織委員会におけるオペレーションの確認も行われる予定となっている。