ブラジルFWマルコムが右足首の捻挫で負傷離脱するようだ。バルセロナは6日、公式HPで診断結果を伝えた。


 マルコムは5日にコパ・デル・レイ4回戦2ndレグのクルトゥラル・レオネッサ戦に先発出場。ホームで行われたこの試合で、前半終了間際の44分にはチームの3点目を決めていたが、試合中に右足首を負傷していた。


 状態が心配されていたが、バルセロナは試合翌日に行われた精密検査の結果を発表。結果は右足首のねん挫で10から15日間ほどの離脱になという。


 これによりマルコムは、8日のリーガ・エスパニョーラ第15節エスパニョールとのバルセロナダービー、11日に行われるトッテナムとのチャンピオンズリーグ最終節、16日のリーガ・エスパニョーラ第16節レバンテ戦の3試合を欠場し、22日に行われるリーガエスパニョーラ第17節のセルタ戦で復帰するようだ。