日本代表は12日、AFCアジアカップUAE2019・第2戦のオマーン代表戦に向けて調整を行った。


 初戦のトルクメニスタン戦で2得点を挙げ、逆転勝利の立役者となった大迫勇也は右臀部の違和感により、この日の練習を欠席。明日以降の練習参加については未定となっているが、過密日程を見越して次戦は先発を回避する可能性もある。浅野拓磨の負傷離脱で森保ジャパン初招集となった武藤嘉紀は「若手に勢いを持たせられるようなプレーを心がけないといけないですし、自分も必ずゴールに直結するプレー、そして結果を示さないといけない」と意気込みを語った。


 初戦で2得点を決めた大迫の活躍ぶりについては「ゴールに近い位置にいるのも能力だし、ラッキーゴールではなくて1点は1点。FWにとってはどんな相手からでもゴールは欠かせないもの。そこは見習わないといけない」とコメント。「代表では今までサイドもやってきたけど、やっとFWとして見られている。(長友)佑都くんも言っていますけど、結果を残さないと若い選手にポジションを取られてしまう。自分の本職でしっかり勝負したいと思います」と言葉に力を込めた。