UEFA(欧州サッカー連盟)は11日、バイエルンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーに2試合の出場停止処分を下したようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が伝えている。


 昨年12月12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節のアヤックス(オランダ)戦に先発出場したミュラー。しかし、相手選手の頭部への“ハイキック”というショッキングなプレーでレッドカードを受けて退場。このプレーに対して、UEFAは2試合の出場停止処分を下した。


 CLの決勝トーナメント1回戦でリヴァプールと対戦するバイエルン。UEFAが発表した処分により、ミュラーはファーストレグとセカンドレグに欠場することが濃厚となった。


 しかし、バイエルンは処分に対して異議申立てを行うため、ミュラーがセカンドレグに出場できるかは未定となっている。