アラベスに所属する日本代表MF乾貴士が、11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節のレバンテ戦で新天地デビューを果たした。先発出場をした乾は、右ウィングのポジションで87分までプレー。得点を挙げることはできなかったが、5試合ぶりの勝利に貢献した。


 試合は23分に右サイドのCKからビクトル・ラグアルディアが頭で合わせ、ホームのアラベスが先制。さらに、後半アディショナルタイムには相手のミスを突いて、ホニーがダメ押しゴールを挙げ、2−0でタイムアップ。3連敗中で4試合勝ち星がなかったアラベスが勝ち点を「35」に伸ばし、4位セビージャとのポイント差を「2」に縮めた。次節は17日にアウェイでベティスと対戦する。


【スコア】

アラベス 2ー0 レバンテ


【得点者】

23分 1−0 ビクトル・ラグアルディア(アラベス)

90+3分 2−0 ホニー(アラベス)


【スターティングメンバー】

アラベス(4−3−3)

パチェコ;ナヴァーロ、ラグアルディア、マリパン、ドゥアルテ;ブラシャナツ(75分 マヌ・ガルシア)、ピナ、ムバラク;乾貴士(87分 ロラン)、カレリ(90分 バストン)、ホニー


レバンテ(4−4−2)

アイトール;コケ、カバコ、ヴェソ、ルナ(86分 ドワミーナ);ジェイソン、ドゥクレ、ヴクチェヴィッチ(60分 バルディ)、サイモン(67分 マジョラル);モラレス、マルティ