リヴァプールがズウォレに所属するU−19オランダ代表DFセップ・ファン・デン・ベルフの獲得に近付いているようだ。24日、イギリス紙『Liverpool Echo』が報じた。


 ファン・デン・ベルフは16歳だった昨年3月にトップチームデビューを飾り、今シーズンのエールディヴィジでは15試合に出場した。U−19オランダ代表でも4試合に出場しており、今後の成長が期待されるセンターバックだ。


 ズウォレとの契約が残り1年のファン・デン・ベルフには、リヴァプールのほかにもアヤックスやPSV、バイエルンらも関心を示しており、選手本人も今夏の移籍を希望してズウォレでのトレーニングセッションには参加していない模様だ。


 ファーストチームに世界屈指のセンターバック4人を抱えるリヴァプールは、ファン・デン・ベルフにU−23チームのポジションを用意している模様で、同選手がそのことを受け入れるかどうかが移籍成立のミソになるようだ。