ウェストハムは17日、フランクフルトに所属するフランス人FWセバスティアン・ハラーの獲得を発表した。契約期間は2024年までの5年契約で1年間の契約延長オプションも付随している。


 現在25歳のハラーは昨シーズンの公式戦で41試合に出場し、20ゴールをマーク。フランクフルトのヨーロッパリーグ・ベスト4進出にも大きく貢献した。


 ウェストハムは移籍金を明かしていないが、ハラー獲得のためにクラブ史上最高額の移籍金を支払ったことを伝えている。


 ハラーはウェストハムの公式HPを通じ「ここで素晴らしい機会をもらったと思っている。(クラブ史上最高額は)色々なことを意味している。クラブが長い間、心から私を望んでいたことを物語っている。クラブが私と契約したいという思いを感じた」と喜びを語った。


 また、「私はクラブのために100パーセントを尽くすことを保証する。クラブが私に自信を与えてくれたからね」と意気込みを語った。