10日に行われた2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選ならびにAFCアジアカップ中国2023予選のモンゴル代表戦で、MF遠藤航とFW鎌田大地が日本代表での初ゴールを記録した。遠藤は代表21試合目、鎌田は代表3試合目での初得点。2人は6−0の勝利に大きく貢献した。


 そこで今回は、2019年に代表初ゴールを記録した主な選手をピックアップ。まだ10代の新星から、30代で代表デビューを果たした苦労人に至るまで、栄えある名誉を手にしたプレーヤーたちを国別に紹介する。


*カッコ内のクラブ名は現所属クラブ


◆■日本代表

▼塩谷司(アル・アイン/UAE)

1月17日 AFCアジアカップUAE2019・グループF第3節 ウズベキスタン代表戦

▼冨安健洋(ボローニャ/イタリア)

1月21日 AFCアジアカップUAE2019・決勝トーナメント1回戦 サウジアラビア代表戦

▼永井謙佑(FC東京/日本)

6月9日 キリンチャレンジカップ2019 エルサルバドル代表戦

▼三好康児(ロイヤル・アントワープ/ベルギー)

6月20日 コパ・アメリカ2019・グループC第2節 ウルグアイ代表戦

▼遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)

10月10日 2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選ならびにAFCアジアカップ中国2023予選 モンゴル代表戦

▼鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)

10月10日 2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選ならびにAFCアジアカップ中国2023予選 モンゴル代表戦


冨安は代表6試合目で初ゴールをマークしたのに対し、永井は代表初招集から9年の歳月を経て初ゴールを挙げた。なお、永井のゴールは日本代表にとって記念すべき“令和第1号”だった。


◆■イタリア代表

▼ニコロ・バレッラ(インテル/イタリア)

3月23日 EURO2020予選・グループJ第1節 フィンランド代表戦

▼モイーズ・キーン(エヴァートン/イングランド)

3月23日 EURO2020予選・グループJ第1節 フィンランド代表戦

▼ステファノ・センシ(インテル/イタリア)

3月26日 EURO2020予選・グループJ第2節 リヒテンシュタイン代表戦

▼レオナルド・パヴォレッティ(カリアリ/イタリア)

3月26日 EURO2020予選・グループJ第2節 リヒテンシュタイン代表戦

▼ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ/イタリア)

9月5日 EURO2020予選・グループJ第5節 アルメニア代表戦


キーンは今年3月のフィンランド戦で、代表初ゴールを記録。”アッズーリ”史上2番目に若い19歳23日でのゴールとなった。その3日後に30歳で代表デビューを果たし、さらに初ゴールまでマークしたのがパヴォレッティ。途中出場からわずか4分後の出来事に、「パーフェクトな夜だった」と自画自賛した。


◆■フランス代表

▼ウィサム・ベン・イェデル(モナコ/フランス)

6月11日 EURO2020予選・グループH第4節 アンドラ代表戦

▼フロリアン・トヴァン(マルセイユ/フランス)

6月11日 EURO2020予選・グループH第4節 アンドラ代表戦

▼クル・ズマ(チェルシー/イングランド)

6月11日 EURO2020予選・グループH第4節 アンドラ代表戦

▼ジョナタン・イコネ(リール/フランス)

9月7日 EURO2020予選・グループH第5節 アルバニア代表戦

▼クレマン・ラングレ(バルセロナ/スペイン)

9月10日 EURO2020予選・グループH第6節 アンドラ代表戦


今年6月に行われたアンドラ戦で、ベン・イェデル、トヴァン、ズマの3選手が代表初ゴールをマーク。イコネは9月のアルバニア戦で代表デビューを飾ると、途中出場からわずか8分後に初ゴールを叩き込んだ。


◆■オランダ代表

▼マタイス・デ・リフト(ユヴェントス/イタリア)

3月24日 EURO2020予選・グループC第2節 ドイツ代表戦

▼フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン)

9月6日 EURO2020予選・グループC第5節 ドイツ代表戦

▼ドニエル・マレン(PSV/オランダ)

9月6日 EURO2020予選・グループC第5節 ドイツ代表戦


2017年に当時17歳で代表デビューを果たしたデ・リフトは、今年3月のドイツ戦で嬉しい初ゴールをマーク。9月に行われたドイツとのリターンマッチでは、デ・ヨングとマレンが揃って初ゴールを挙げて、4−2の逆転勝利に貢献した。


◆■ドイツ代表

▼マルツェル・ハルステンベルク(ライプツィヒ/ドイツ)

9月9日 EURO2020予選・グループC第6節 北アイルランド代表戦

▼カイ・ハフェルツ(レヴァークーゼン/ドイツ)

10月9日 国際親善試合 アルゼンチン代表戦


ハルステンベルクは得意の左足でボレーシュートを叩き込み、代表初ゴールを記録。20歳のハフェルツは、代表6試合目となった9日のアルゼンチン戦で初ゴールをマークした。


◆■スペイン代表

▼ホセ・ルイス・ガヤ(バレンシア/スペイン)

6月7日 EURO2020予選・グループF第3節 フェロー諸島代表戦

▼ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ/スペイン)

6月10日 EURO2020予選・グループF第4節 スウェーデン代表戦


ガヤは今年6月のフェロー諸島戦で華麗なループシュートを決めて、代表初ゴールをゲット。その3日後には、22歳のオヤルサバルが代表初ゴールをマークした。2016年に19歳で代表デビューを飾った同選手にとっては、3年ぶり2度目の出場で記録した初得点となった。


◆■イングランド代表

▼ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/ドイツ)

9月10日 EURO2020予選・グループA第6節 コソボ代表戦


今年9月に行われたコソボ戦で、代表初ゴールを含む2得点をマーク。昨年10月にデビューして以降、8試合目にしてゴールネットを揺らした。サンチョはこの記念すべきゴールを今は亡き祖母に捧げ、試合後に大きな話題となった。


◆■ブラジル代表

▼ルーカス・パケタ(ミラン/イタリア)

3月23日 国際親善試合 パナマ代表戦

▼ダヴィド・ネレス(アヤックス/オランダ)

6月9日 国際親善試合 ホンジュラス代表戦

▼エヴェルトン(グレミオ/ブラジル)

6月14日 コパ・アメリカ2019・グループA第1節 ボリビア代表戦

▼カゼミーロ(レアル・マドリード/スペイン)

6月22日 コパ・アメリカ2019・グループA第3節 ペルー代表戦


エヴェルトンはコパ・アメリカ2019の開幕戦で代表初ゴールをマーク。その後も2得点を挙げて、優勝と得点王の“2冠”を達成した。さらに同大会のペルー戦では、カゼミーロが代表初ゴールを記録。2011年9月のセレソンデビューから8年目での初得点だった。


◆■アルゼンチン代表

▼ルーカス・オカンポス(セビージャ/スペイン)

10月9日 国際親善試合 ドイツ代表戦


9日に行われたドイツ戦で、試合終了間際に貴重な同点ゴールをマーク。代表デビュー戦で、嬉しい初得点となった。試合後には「言葉がないよ。夢見ていたゴールだった」と喜びを口にした。


(記事/Footmedia)