2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選およびAFCアジアカップ中国2023予選が15日に行われ、本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジア代表とイラク代表が対戦した。


 カンボジアは10日に行われた同予選でイラン代表と対戦。前半の内に7ゴールを奪われると、後半も7失点を喫し、0−14で敗れていた。


 連敗脱出を目指すカンボジアだったが、この日も前半を2点ビハインドで折り返すと、後半にも2ゴールを奪われ、0−4で敗れた。


 ホームで黒星を喫したカンボジアは、これでアジア2次予選3連敗。グループCでは勝ち点1で最下位に沈んでいる。次節、カンボジアはアウェイで香港代表と対戦する。


【スコア】

カンボジア代表 0−4 イラク代表