ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる「ゴールデンボーイ賞」の候補者20名が15日に発表された。


 同賞は、2003年にイタリア紙『トゥットスポルト』によって設立された。過去にはバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、マンチェスター・Uに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(当時ユヴェントス)らが受賞。昨年は、当時フローニンゲンに所属していた日本代表MF堂安律(現PSV)が候補40名に選出され、最終的に当時アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(現ユヴェントス)がDFとして初の受賞を果たしていた。


 2019年の候補者20名には、デ・リフト、U−21イングランド代表MFフィル・フォーデン、ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが昨年に続いて選出。6月のFIFA U−20ワールドカップで準優勝に貢献してゴールデンボール賞(大会MVP)に輝いた韓国代表MFイ・カンイン、バルセロナのクラブ最年少得点記録を更新した16歳のU−21スペイン代表FWアンス・ファティ、クリスティアーノ・ロナウド2世と称されるポルトガル代表FWジョアン・フェリックスらが選ばれている。


 なお、受賞者は12月16日に発表される。発表された候補者20名は以下のとおり。


マタイス・デ・リフト(ユヴェントス)

アルフォンソ・デイヴィス(バイエルン)

ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)

アンス・ファティ(バルセロナ)

フィル・フォーデン(マンチェスター・C)


マテオ・ゲンドゥージ(アーセナル)

アーリング・ハーランド(ザルツブルク)

カイ・ハフェルツ(レヴァークーゼン)

ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード)

デヤン・ヨヴェリッチ(フランクフルト)


モイーズ・キーン(エヴァートン)

イ・カンイン(バレンシア)

アンドリー・ルニン(バジャドリード)

ドニエル・マレン(PSV)

メイソン・マウント(チェルシー)


ロドリゴ・ゴエス(レアル・マドリード)

ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)

フェラン・トーレス(バレンシア)

ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)

ニコロ・ザニオーロ(ローマ)