プレミアリーグ第6節が行われ、バーンリーがトッテナムと対戦した。


 ここまで未勝利と苦しむバーンリー。前節からの入れ替えは右サイドバックのマシュー・ロートンのみ。一方トッテナムではヨーロッパリーグで先制点を記録したルーカスがスタメン入りした。


 20分、バーンリーは裏へ抜けたアシュリー・バーンズがネットを揺らしたがオフサイドとなり、認められず。さらに直後にはジョシュ・ブラウンヒルがFKを直接狙うが、わずかに枠をそれる。


 その後ヨーハン・ベルク・グズムンドソンやアシュリー・ウェストウッドがシュートを放つシーンもあるなど、バーンリーは積極的にゴールを狙ったが無得点のままハーフタイムへ。


 後半に入り71分、バーンリーはCKからジェームズ・ターコウスキーが頭で合わせる。トッテナムはFWハリー・ケインがゴールライン上でなんとか防いだ。


 すると76分、なかなか決定機を作れなかったトッテナムがチャンスを迎える。エリク・ラメラのCKをケインがヘディングで繋ぐと、ソン・フンミンがこれも頭で合わせた。ソン・フンミンは今シーズン8得点目。


 そのまま1点のリードを守り切ったトッテナムが苦しみながらも勝ち点「3」を獲得している。


【スコア】

バーンリー 0−1 トッテナム


【得点者】

76分 0−1 ソン・フンミン(トッテナム)