【▲ スペースXの「ファルコン・ヘビー」ロケット(Credit: SpaceX)】

スペースXは日本時間2022年11月1日に、アメリカ宇宙軍のミッション「USSF-44」の衛星を搭載した「ファルコン・ヘビー」ロケットの打ち上げを実施しました。衛星の軌道投入やサイドブースターの地球帰還を含めて、ミッションに成功したことをアメリカ宇宙軍が報告しています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■打ち上げ情報:ファルコン・ヘビー

ロケット:ファルコン・ヘビー(USSF-44 Mission)
打ち上げ日時:日本時間2022年11月1日22時41分【成功】
発射場:ケネディ宇宙センター(アメリカ)
ペイロード:Tetra 1, LDPE-2(数機の小型衛星を搭載)

ファルコン・ヘビーの打ち上げは2019年4月以来4回目で、約3年ぶりです。また、帰還した2機のサイドブースターは、2022年内に予定されている次回のアメリカ宇宙軍ミッションに用いられるとのことです。

■ペイロード情報:USSF-44

USSF-44は、アメリカ宇宙軍(USSF:United States Space Force)がナンバリングしたミッション名で、ファルコン・ヘビーにはMillennium Space Systemsの小型衛星「Tetra 1」とNorthrop Grumman製の衛星バス「LDPE-2」が搭載されていました。

Tetraは、アメリカ宇宙軍が運用する軍事用超小型衛星で全4機が計画されています。Tetra 1はプロトタイプとして軌道上で動作実験が行われる予定です。

LDPE-2(別名:ROOSTER 2)は、超小型衛星6機を搭載できるESPA(※)です。LDPE-2にはロッキード・マーティン製の「LINUSS-A 1」「LINUSS-A 2」などが搭載されていたと見られますが、詳細な情報は明らかにされていません。

※ESPA…EELV Secondary Payload Adapterの略で、相乗りした小型ペイロードの軌道投入に使われます。

【▲準備中の「Tetra 1」(Credit: Millennium Space Systems)】

【▲ 参考画像:Northrop Grumman製のESPA(Credit: Northrop Grumman)】

■打ち上げ関連画像・映像

Falcon Heavy going vertical at Launch Complex 39A pic.twitter.com/4rOUg5q2tY

— SpaceX (@SpaceX) November 1, 2022

Falcon Heavy launches USSF-44 to orbit, and its two side boosters return to Earth – SpaceX's 50th mission of 2022 pic.twitter.com/t0ZXCTGFrM

— SpaceX (@SpaceX) November 1, 2022

■打ち上げ関連リンク

直近のロケット打ち上げ情報リスト アストロボティック、月着陸船の打ち上げにファルコン・ヘビーを選定 2023年打ち上げ NASA「ゲートウェイ」2024年に建設開始、最初の打ち上げにファルコンヘビーを選定 ULA、米軍の試験衛星2機の打ち上げに成功

 

Source

Image Credit: SpaceX, Millennium Space Systems, Northrop Grumman SpaceX - USSF-44 MISSION Millennium Space Systems - U.S. Space Force TETRA-1 satellite prepared for launch after 15-month integration

文/sorae編集部 速報班