スペースXは日本時間2024年2月8日、アメリカ航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星「PACE」を搭載した「ファルコン9」ロケットの打ち上げに成功しました。

【▲ ケープカナベラル宇宙軍基地第40発射施設から打ち上げられたファルコン9ロケット(Credit: SpaceX)】【▲ ケープカナベラル宇宙軍基地第40発射施設から打ち上げられたファルコン9ロケット(Credit: SpaceX)】

PACEを搭載したファルコン9ロケットは日本時間2024年2月8日15時33分(現地時間同日1時33分)、米国フロリダ州のケープカナベラル宇宙軍基地第40発射施設から打ち上げられました。発射約12分後にPACEはファルコン9から分離され、高度約420マイル(約676km)の太陽同期軌道に投入されました。

PACEはNASAゴダード宇宙飛行センターの主導で開発された地球観測衛星で、海洋の状況、大気の質、気候変動の影響を調査します。NASAによるとPACEのミッションは3年間の予定ですが、衛星にはミッション期間を3倍以上に延長するのに十分な量の推進剤が搭載されているということです。

【▲ 打ち上げ前にメディアへ公開された地球観測衛星「PACE」の実機(Credit: NASA/Ben Smegelsky)】【▲ 打ち上げ前にメディアへ公開された地球観測衛星「PACE」の実機(Credit: NASA/Ben Smegelsky)】

ミッション名の「PACE」は観測対象であるプランクトン(Plankton)、エアロゾル(Aerosol)、雲(Cloud)、海洋エコシステム(ocean Ecosystem)の頭文字を表しています。これらを同時に観測することで相互作用や気候変動に関する理解を促進することが目的です。

衛星には3つの観測装置が搭載されています。「Ocean Color Instrument(OCI)」は紫外線・可視光・近赤外線を使用して海洋や水域の観測を行う観測装置で、プランクトンの分布や有害な藻類の追跡などを行い、海洋環境の変化を調べることができます。2つの偏光観測装置「Hyper-Angular Rainbow Polarimeter #2(HARP2)」と「Spectro-polarimeter for Planetary Exploration(SPEXone)」は、太陽光が大気中の粒子とどのように相互作用するかを調べ、大気エアロゾル、雲の特性、大気の質などの情報を提供します。

【▲ 地球観測衛星「PACE」のイメージ図(Credit: NASA GSFC)】【▲ 地球観測衛星「PACE」のイメージ図(Credit: NASA GSFC)】

ファルコン9の第1段機体は今回が4回目の使用で、発射約7分40秒後にケープカナベラル宇宙軍基地の着陸エリアへ帰還しました。今回使用された第1段機体は2023年8月25日に打ち上げが実施された有人宇宙飛行ミッション「Crew-7」で初飛行して以来、2023年11月9日に実施された国際宇宙ステーション(ISS)への補給ミッション「CRS-29」打ち上げ、2023年12月18日のスターリンク打ち上げで使用されました。

現地時間2024年2月5日に実施されたNASAの打ち上げ前ブリーフィングにおいて、NASAの打ち上げサービスプログラム責任者のティム・ダン(Tim Dunn)氏は、ケープカナベラル宇宙軍基地から米国政府の衛星が極軌道へ打ち上げられるのは1960年11月30日以降初めてだと明らかにしました。ダン氏によると、1960年11月30日に行われた極軌道へのロケットの打ち上げは失敗し、破片がキューバへ落下する出来事があったため、政府は極軌道向けの打ち上げをカリフォルニア州のヴァンデンバーグ宇宙軍基地から行うようになったということです。

なお、スペースXはケープカナベラル宇宙軍基地から極軌道へ投入される民間衛星の打ち上げを2020年以降11回実施しています。

 

Source

SpaceX - PACE MISSION NASA - NASA Launches New Climate Mission to Study Ocean, Atmosphere NASA - PACE Mission blogs NASA - PACE mission NASA - Prelaunch News Conference for NASA Mission Studying Earth’s Atmosphere and Oceans (Feb.5, 2024)(YouTube) SpaceNews - Falcon 9 launches PACE Earth science mission Spaceflight Now - SpaceX launches billion-dollar environmental research satellite for NASA

文/出口隼詩 編集/sorae編集部