2020年12月6日に地球に帰還する小惑星探査機「はやぶさ2」を記念して、『劇場版HAYABUSA2〜REBORN』が11月27日(金)から公開されることが決定しました。

公式サイト:http://www.live-net.co.jp/hayabusa2reborn_g/

『劇場版HAYABUSA2〜REBORN』は、シリーズ3部作の完結編となる作品で、1作目の「HAYABUSA – BACK TO THE EARTH -」と2作目の「HAYABUSA2〜REBORN」を組み合わせ再編集した作品で、2014年12月3日に小惑星リュウグウでの探査をするために打ち上げられた「はやぶさ2」が、地球を旅立ってからいくつもの困難を乗り越え、小惑星リュウグウにてサンプルを採取するまでを描きます。

また、公開された『劇場版HAYABUSA2〜REBORN』のポスタービジュアルは、はやぶさ2が小惑星リュウグウの地表を砕き、石と砂塵を巻き上げながら離陸する姿をイメージした、壮大かつ神秘的なデザインが特徴です。

ムビチケは9月18日から販売が開始しており、10月16日からはローソン・ミニストップ店頭にあるLoppi限定で「はやぶさ2の地球帰還を記念したスペシャルグッズ付ムビチケコンビニ券」の予約受付の開始も予定しています。チケットは一般1500円、小人900円、各税込み価格。

『劇場版HAYABUSA2〜REBORN』作品情報

■ストーリー
小惑星リュウグウのカケラを持ち帰るため、再び広大な宇宙空間へ飛び立ったはやぶさ2。2年半、32億キロの距離を進み続けた孤独な旅路の末、待ち受けていたのは、想定外のリュウグウの姿だった。あらゆる場所が岩で覆われ、タッチダウンに最適な、平らな場所が存在しなかったのだ。「君を”また”失ってしまうかもしれない」小惑星イトカワでの悪夢が去来する。はやぶさ2はどのように困難を乗り越え、数々のミッションを成功させていったのか。そして彼がリュウグウで見つけたものとは・・・

■スタッフ
監督・シナリオ:上坂 浩光
ナレーター:篠田 三郎
音楽:酒井 義久
監修:吉川 真
制作:ライブ
宣伝協力:SPSS
配給・宣伝:ローソンエンタテインメント
協賛:NEC  大正製薬株式会社協力:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

 

Image Credit: ©HAYABUSA2〜REBORN製作委員会
Source: ©HAYABUSA2〜REBORN製作委員会