独立行政法人国立科学博物館、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立極地研究所、国立大学法人九州大学は、7月2日に千葉県習志野市と船橋市に落下した隕石を分析し、分類をH5普通コンドライト(球粒隕石)と確定し、この隕石は11月1日に国際隕石学会に「習志野隕石(Narashino)」として登録したことを発表しました。

「習志野隕石(Narashino)」は、2020年7月2日午前2時32分に関東地方上空を大火球が通り、これに伴って千葉県周辺に隕石が落下しました。同日、1つ目の隕石片が千葉県習志野市のマンションで発見され、千葉県立中央博物館を通じて国立科学博物館に同定依頼があり、ガンマ線測定を行って宇宙線生成核種を検出し、最近落下した隕石であることを確認しています。

国立極地研究所の分析結果により、鉱物組成からHグループ、岩石学的タイプは5であることから「H5 コンドライト」であることが判明。また、九州大学の分析結果により、習志野隕石が形成された年代は、太陽系が形成された46億年前の直後であること、習志野市で発見された1号と船橋市で発見された2号は同一起源の隕石であることも確認されました。この研究結果を踏まえて、国際隕石学会(The Meteoritical Society)に「習志野隕石(Narashino)」へ登録申請を行い、10月24日付で承認されました。

関連
・7月2日の深夜に流れた火球、落下した隕石の破片が発見・回収される
・7月2日深夜に目撃された火球、習志野市に続き船橋市でも隕石の破片が見つかる

また、「習志野隕石(Narashino)」は11月10日(火)から12月13日(日)まで国立科学博物館で「科博ニュース展示」として、隕石の一部小片を隕石が衝突した瓦の一部などとともに公開。また、千葉県立中央博物館は、2021年2月28日まで別の小片が同時に展示・公開されています。

習志野隕石写真

習志野隕石1号

習志野隕石1号

習志野隕石1号

習志野隕石1号

習志野隕石1号

習志野隕石1号

習志野隕石1号

習志野隕石1号

習志野隕石1号

習志野隕石1号

習志野隕石2号

習志野隕石2号

習志野隕石2号

習志野隕石2号

習志野隕石2号

習志野隕石2号

習志野隕石2号

習志野隕石2号

習志野隕石2号

習志野隕石2号

薄片の偏光顕微鏡写真 (国立極地研究所にて撮影)

習志野隕石1号 透過光(クロスポーラー)

習志野隕石1号 透過光(クロスポーラー)

習志野隕石2号 透過光(クロスポーラー)

習志野隕石2号 透過光(クロスポーラー)

 

Image Credit: 独立行政法人国立科学博物館、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立極地研究所、国立大学法人九州大学
Source: 国立科学博物館,文化省,PRTIMES